【開催地】

予選…御茶ノ水ソラシティ デジタルハリウッド大学本校(http://www.dhw.ac.jp/
予選web配信…USTREAM無差別級紙芝居チャンネル(http://www.ustream.tv/channel/musakami
決勝…阿佐ヶ谷LOFT-A(http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

決勝web配信…ニコニコ生放送(有料配信を予定)

【開催日程】

第1回予選…6月18日(水)
第2回予選…7月16日(水)
第3回予選…8月13日(水)
第4回予選…9月17日(水)
決勝…11月22日(土)

【全出場者】

・青木純( http://www.aokijun.net/
・飯田和敏( https://twitter.com/iidakazutoshi
・井上涼( http://penerop963.exblog.jp/
・AC 部( http://www.ac-bu.info/
・小林でび( https://twitter.com/devikoba
・koya( http://www.geocities.jp/koya_s_m/
・澤田裕太郎( http://www.cwfilms.jp/yatsutonosogu/
・死後くん( https://twitter.com/sigo_kun
・すあだ( http://suada.jp/
・ダ・ヴィンチ・恐山( https://twitter.com/d_v_osorezan
・谷口崇( http://mc.adkda.net/index.htm
・外山光男( http://mitsuo-toyama.com/
・沼田友( http://numatake.com/6/
・藤勝友侑也( https://www.facebook.com/yuya.fujikatsu
・松本慶祐( http://www.vap.co.jp/ponque/
・宮坂和尚( http://theberich.com/


【協賛】



*登壇者の急な変更や開催概要の最新情報は、
本HPもしくは公式Twitterにて更新していく予定です。

【開催地】

阿佐ヶ谷LOFT-A( http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

【開催日時】

2014年11月22日(土)18:00開場/19:00開演

【WEB配信】


ニコニコ生放送のロフトチャンネルによる生中継を行います。
なお、決勝は有料配信となりますので、視聴には500P(500円)のニコニコポイントが必要となります。
(ニコニコポイントは、こちらのページからクレジットカードやwebマネーを利用してご購入下さい)

【決勝戦PV】

【料金】

前売り券1500円
当日券1800円
前売券はイープラスにて販売中
前売り券を購入する

ニコニコ生放送による生配信には500ポイントのニコニコポイント(500円)が必要となります。

【出場者】

・AC 部( http://www.ac-bu.info/
・井上涼( http://penerop963.exblog.jp/
・すあだ( http://suada.jp/
・ダ・ヴィンチ・恐山( https://twitter.com/d_v_osorezan
・谷口崇( http://mc.adkda.net/index.htm
・外山光男( http://mitsuo-toyama.com/
・藤勝友侑也( https://www.facebook.com/yuya.fujikatsu
・松本慶祐( http://www.vap.co.jp/ponque/

【決勝戦ルール】

ニコニコ生放送による生配信の視聴者、および会場の観客のみなさまへアンケートを行い、
各自一番良かった紙芝居に投票していただきます。
票数が一番多かった出演者が優勝となり、賞金10万円を手にします。

【会場アクセス】

東京都杉並区阿佐谷南1-36-16-B1
JR中央線「阿佐谷駅」より徒歩4分
東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷駅」より徒歩6分


*開催概要の最新情報は、
本HPもしくは公式Twitterにて更新していく予定です。





【予選大会ルール】

各紙芝居が終わるごとに、
USTREAMによる生配信の視聴者、および会場の観客のみなさまへアンケートを行い、一人につき1〜5点の点数を付けて頂きます。
そこから算出された平均得点(合計得点/アンケート記入者の人数)の高かった二組が勝者となり、
11月に阿佐ヶ谷ロフトAで行われる本戦に進めます。

【開催日時】

第1回予選…6月18日(水)19:15開場/19:30開演
第2回予選…7月16日(水)19:15開場/19:30開演
第3回予選…8月13日(水)19:15開場/19:30開演
第4回予選…9月17日(水)19:15開場/19:30開演

【予選会場アクセス】

東京都千代田区神田駿河台4-6
御茶ノ水ソラシティ アカデミア
デジタルハリウッド大学本校 4F カフェテリア

JR「御茶ノ水駅【聖橋口改札】」より徒歩1分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅【B2出口】」直通1分
東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅【出口1】」より徒歩4分
JR「秋葉原駅」より徒歩9分
都営地下鉄新宿線「小川町駅」より徒歩6分



第一回予選
【出場者】

青木純(アニメ作家)

青木純(アニメ作家)

1981年沖縄県生まれ、2000年沖縄県立球陽高校理数科卒業、2007東京藝術大学デザイン科卒業。
ポップでキュートをモットーに、誰でも楽しめるエンターテイメントを目指して活動しています。
自主制作アニメの代表作として「コタツネコ」「将棋アワー」ほか。
近年はベネッセ「たまひよ」シリーズなどCMやTVの仕事を主に手がけています。
無差別級紙芝居への初参戦は2010年。

死後くん(イラストレーター)

死後くん(イラストレーター)

1977年愛知県出身東京在住。蟹座A型巳年。
雑誌『POPEYE』やNHK 『おやすみ日本』の眠いい昔話コーナー、mmmの2ndアルバム『ほーひ』のジャケット等々、
紙媒体を初め、TV、CD、Web様々な媒体で節操無くイラストやマンガを手がける。
WEBで連載していたマンガ『I My モコちゃん』が玄光社より出版される。
「ペンネームが縁起が悪い」との理由で仕事が決まらないこと多々あり。
谷口崇(会社員)

谷口崇(会社員)

自主制作アニメとして、「森の安藤」「むきだしの光子」「ヌードバッター鉄雄」など制作。
会社員として働くかたわら、TVや劇場CMのイラスト、バントのPV制作などをおこなっている。
無差別級紙芝居へは、前身となるイベントも含め6回すべてに参加。
登壇することよりも、倍増したメンバーとの交流に緊張して大量のゲロが出そうになっている。
藤勝友侑也(映像作家、クレイアニメーション作家)

藤勝友侑也(映像作家、クレイアニメーション作家)

1986年生 東京都出身 デジタルハリウッド大学卒。在学中制作したアニメーション作品で多数の賞を受賞。
TVCMやPR動画、キャラクターデザインなどを手掛ける。
在学中から続けているクレイアニメーションシリーズの制作の他、
今年は新作のアニメーション「room」が完成し公開予定。
要約すると普通の会社員である。

【第一回予選PV】

【第一回予選アーカイブ】

第二回予選
【出場者】

AC部(映像作家)

AC部(映像作家)

1999年頃に多摩美術大学在学中に結成されたCGアニメ制作チーム「AC部」は、
ハイテンションで濃厚なビジュアル表現を持ち味とする部活。
映像やイラストレーションなどあらゆる形の創作に挑み、
人々の暮らしに驚きと生きる活力を与えていくことを目的としている部活。

小林でび(映画監督)

小林でび(映画監督)

漫画家、作曲家、役者などをの職歴を経て、最終的に「歌って踊って演じて絵を描く映画監督」となる。
したまちコメディ映画祭で澤田裕太郎に出会い紙芝居に目覚める。
前回の紙芝居『ちくび』はそのテーマゆえにust放送できない問題作だった(笑)。
監督作DVD『おばけのマリコローズ』『ムーの男』『泥棒日記』Amazonで絶賛発売中で~す☆
澤田裕太郎(人形アニメと映像作家)

澤田裕太郎(人形アニメと映像作家)

1985年東京都生まれ。人形アニメ作家、映像作家として活動中。
自作の人形を用いたストップモーションアニメーションに、自らの声を吹き込んだコメディ作品を得意とする。
近年では『新世紀末 奴との遭遇( http://www.cwfilms.jp/yatsutonosogu/ )』を監督・制作した。
映画『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』のPR活動を紙芝居で行うなど、仕事の幅は歪に広い。
松本慶祐(アニメ作家)

松本慶祐(アニメ作家)

1985年、石川県金沢市に生まれる。2008年に東京工芸大学デザイン学科卒業。
ニコニコ動画やYouTubeに自作のアニメを投稿する事を趣味とするおじさん。あまり動かないコント的アニメを得意とする。
「無差別級紙芝居」の運営メンバーの一人であり、
無差別級とは別の紙芝居イベント「紙-1グランプリ・オープン」でも優勝経験を持つ。

【第二回予選PV】

【第二回予選アーカイブ】

第三回予選
【出場者】

koya(院生)

koya(院生)

1990年生まれ。漫画とアニメを主に制作。
「デジスタティーンズ」放送終了の年に『じゃんけん大戦争』でTV出演した最後のデジスタチルドレン。
その後、ブラジルの映画祭に招待上映され、ゲームセンターの漫画で電子書籍を出版。
自らが代表を務める『賢者』ではTVCMやMV等を制作し『映像作家100人 2014』に掲載されるなど、
謎の熱量を保ちつつ現在は東京藝術大学に在学。『賢者』での海外進出を画策中。
すあだ(製造業)

すあだ(製造業)

「アニメジャスティスボーイ真」「現役女子中学生アニメさょちゃん」「朝のすあだ」「すあだ漫画劇場」等
数々の珍妙奇天烈な作品をネットに垂れ流してきたおしゃれクリエイター(おしゃれファッション雑誌zipper談)
その正体は謎に包まれている……
ダ・ヴィンチ・恐山(御用作家)

ダ・ヴィンチ・恐山(御用作家)

東京出身。小学校、中学校、高校、大学を順番に入学した経験がある。
おもにTwitterで活動し、マンガ作成ソフト「コミPo!」で制作したマンガ『くーろんず』を月刊ビッグガンガンに連載中のほか、
コラム・小説等の執筆、大喜利イベントへの出演など、いろいろやっている。
宮坂和尚(割合でいえばアニメ仕事が多い)

宮坂和尚(TheBERICH=ビリッチと読む)(割合でいえばアニメ仕事が多い)

1968年富山県生まれで富山県在住46歳脱サラです。芸術的な学歴はナシ。
アニメの代表作として「グレートハント」「ドンマイしげるさん」「総曲輪エレジー」ほか。
2014年10月からNHK Eテレ「はりきり体育ノ介」のアニメパートを担当します。
TVCMは多数てがけていて色んな都道府県で見れます。

【第三回予選PV】

【第三回予選アーカイブ】

第四回予選
【出場者】

飯田和敏(ゲーム作家)

飯田和敏(ゲーム作家)

1995年『アクアノートの休日』でゲーム作家としてデビュー。
以来、ムラがありながらも天才的ビデオゲーム作品を連発し、
2014年に”ゲーム菩薩”を名乗るに至った( http://www.ustream.tv/channel/kakexun )。
紙芝居は初挑戦だが、培ってきたあらゆるスキルをぶっこみ挑む。
井上涼(ハイパーメディアクリエイター)

井上涼(ハイパーメディアクリエイター)

「快感」「楽しい」をテーマに映像(アニメ/実写)、イラスト、漫画、インスタレーション、パフォーマンスなど、
クロスジャンルな制作活動をおこなっている。
作品内の作詞・作曲・アニメ・歌全てを自身が手がける。
長年、会社勤務を続けながら制作活動をおこなっていたが、2014年よりアーティスト業に専念。
NHK Eテレにて「びじゅチューン!」を放送中。
外山光男(映像作家)

外山光男(映像作家)

1982年、福岡県生まれ。
絵、音楽、脚本を1人で担うオリジナルアニメーション制作をメインに活動しています。
他、ミュージックビデオ等を手掛けています。
詩的な世界観が好きです。

沼田友(フリーター / アニメーション作家)

沼田友(フリーター / アニメーション作家)

1988年神奈川県出身。「物語」を大事にしたショート・アニメーションを制作する。
2011年、多摩美術大学卒業。主な作品に『こわくない。』、『雨ふらば風ふかば』他。
「シングル」「アルバム」と冠した作品集DVDの販売、
デバイス片手に全国の路上に立つ「路上アニメーション」の活動なども行う。
2013年には2作目のアルバム『伝える』をリリース。完成記念特別上映会『沼田ちぬ』は50人以上を動員した。

【第四回予選PV】

【第四回予選アーカイブ】

第一位 谷口崇

「へびさん かゆいかゆい」4.42pts

第二位 藤勝友侑也

「それいけ!ヨウイチくん」3.87pts

第三位 死後くん

「納骨堂の恋」3.50pts

第四位 青木純

「にわとり王子」3.43pts

第一位 AC部

「交通安全のしおり」4.86pts

第二位 松本慶祐

「妖怪ウォッチャーまさし」4.26pts

第三位 澤田裕太郎

「チェンジメンズ 最後の戦い」3.26pts

第四位 小林でび

「アベンジャースになりたかった日本兵」3.11pts

第一位 ダ・ヴィンチ・恐山

「素材太郎 他一本」4.03pts

第二位 すあだ

「しずかとアン」4.02pts

第三位 koya

「御飯の友」3.60pts

第四位 宮坂和尚

「中年高校生白樺」3.49pts

第一位 井上涼

「恋はこわくない」4.36pts

第二位 外山光男

「眠れないのは想像力のせい」4.06pts

第三位 沼田友

「賀正」3.14pts

第四位 飯田和敏

「ホテルディシプリン 黒子バスケ事件の巻」2.69pts